insert_pixel_code_here

職人のコーティング行程

職人のコーティング行程

1.ボディーコーティングチェック

キズ、鉄粉の付着度合いを確認します。

2.ボディー洗車

専用シャンプー、スポンジを使用し、付着している汚れを洗い落とします。フェンダー内、下回り、ホイール洗浄も同時に行います。

3.鉄粉除去作業①

鉄粉除去剤を噴霧し、鉄粉を確認、スチームで洗い流し再度洗車をします

4.鉄粉除去作業②

①で落ち切れない鉄粉を粘土を使用し除去していきます。粘土での除去作業を完了したらもう一度洗車をします。

5.ふきあげ作業

process005.JPG

ボディー、ガラスはもちろんドアの内側など隅々までふきあげます。この際にポリッシャー(研磨する機械)での研磨が不可能な個所の水垢など汚れを確認します。

6.エアーブロー作業

ふきあげクロス等でふき取りきれなかった隙間に入っている水分を風で飛ばしていきます。

7.水垢落とし

施工前
施工後

エンブレム周り、ドアノブ周りの汚れなど、機械で研磨できない箇所は手作業で汚れを落としていきます

8.マスキング作業

 

塗装以外の箇所(研磨しない箇所、研磨剤を付着させたくない箇所など)を覆っていきます。タイヤ、ホイール部分には専用カバーで覆います

 

9.研磨作業(下地)


お車のコンディションに合わせたバフ(研磨するためのスポンジのようなもの)とコンパウンド(研磨剤)で研磨作業をしていきます。下地の研磨作業はボディの状態により工程を重ねていきます。

10.研磨作業(仕上げ)

仕上げ専用のバフとコンパウンドを使い鏡面に仕上げます。

11.研磨作業後の洗車

process011.JPG

マスキングをしていても、研磨作業の際に出る磨き粉がドアの隙間などに入り込んでしまいます。取り除くためにもタップリアワダテタシャンプーで丁寧に洗車をしていきます。

12.ふきあげ作業

process012.JPG

⑤のふきあげ作業同様にふきあげます。

13.エアブロー作業

process013.JPG

⑥の作業同様隙間に入っている水分を完全に除去するため繰り返します。

14.シリコンオフ(脱脂)

process014.JPG

コーティング剤をしっかりと塗装面に定着させるために余分な油脂を丁寧に取り除きます。これも大切な作業の一つです。

 

15.コーティング施工(トップコート)

 

お選びいただいたコーティング剤を塗布。

乾燥後専用クロスでコーティング剤をふきあげます。その際に光を当てて拭き残しなどがないかをチェック。
施工後の初期硬化乾燥時間はコーティングにより異なりますが、室内保管管理します。

16.清掃

process016.1.JPG process016.2.JPG
車内簡易清掃 うち窓ガラス拭き
process016.3.JPG process016.4.JPG
タイヤワックス(施工前) タイヤワックス(施工後)

車内簡易清掃、うち窓ガラス拭き、タイヤワックスで、ボディだけでなく車内やタイヤもピカッと。お車全体をスッキリきれいに仕上げます。

17.最終チェック

process017.JPG

最終チェックをし、施工証明書を発行。

 

18.ご納車となります

process018.JPG

コーティングごとのメンテナンスキットをご用意しております。(別売)
ご自宅でのメンテナンス方法、メンテナンスキットの使い方など、ご説明させていただきます。